防汚コーティングが施された製品と撥水撥油効果について

SITEMAP

スプレー缶とスマホ

ガラスや鏡の指紋付着防止には防汚コーティングが有益

画面の指紋

街中を歩いていると、人の出入りが激しい人気ショップの入り口などに、お洒落なガラス張りのドアが使われているのをよくみかけます。実際、そのドアを使ってお店に入ってみると、そうしたガラス製のドアが指紋などでひどく汚れていることはめったにないはずです。これは、お店がきちんと手入れをしているからという事情もありますが、もともと指紋汚れなどが付着しにくくなるよう、ガラスが加工されているためでもあります。その加工は防汚コーティングと呼ばれるものです。防汚コーティングを施すことで、素材や製品表面が撥水性や撥油性という性質を帯びるようになります。撥水性は水を弾く性質、撥油性は脂分を弾く性質のことで、指紋による汚れは後者の脂汚れに該当します。また家庭ならびに各種公共機関、お店等で使われている鏡においても、同様に防汚コーティング加工がされています。洗面所などで使う鏡は指紋汚れだけではなく、水周りという場所柄、各種の水溶性の汚染物質に触れる機会も多いです。そんな場合でも、防汚コーティングされていれば、そもそも汚れが付きにくいことに加え、少々汚れてもふき取れば手軽に綺麗に出来るため、メンテナンス上の労力が少なくて済むのです。

HEADLINE

曇りのあるジュエリー

2020年05月08日

防汚コーティングは多種多様な製品で使用されている

コーティングという技術は、製品製造の仕上げの段階で施されることが多い加工方法の一つです。その大きな目的は、製品の強度を高めて衝撃による破損などから製品を保護することに加え、製品が汚れにくくなるようにカバーすることです。防汚コーティングは主にこの後者の目的で行われる加工ですが、防汚コーティングの…

PICK UP

TOP